So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Vo.46 さよならドイツ。またいつか。 [クリスマスマルクト2014]

8-028.JPG
帰りの電車で見かけた光景。
これ、全部「鍵」なんです。南京錠ってやつ。
フランスで橋が落ちたというのと一緒の、愛のおまもりみたいなやつ。
愛は重いのね。

8-029.JPG
ドイツの風景を眺める。

8-030.JPG
「はい、チーズ♪」ドイツでは「はい、ビアー」とは言わないよ。(そういうハナシもあるけれど)

8-031.JPG
出口間違え騒動で行きしに撮れなかったデュッセルドルフのクリスマスツリー

8-032.JPG
この中に私たちが乗る飛行機も。

免税の申告が最近中国人がすんごく多くて、めっちゃ時間かかるかも、と言われ、
早く空港に着きました。
同じ時間帯に中国行きが無かったので、混まずに通過。
中国便があったら、1時間半とかかかったとか!!
皆様、ほんとに要注意。

8-033.JPG
無事飛びました。

8-034.JPG
帰りはエアフラなんで、シャルルドゴールに到着。

8-035.JPG
機内食。ハーゲンダッツのアイスが嬉しい。
温かいお味噌汁が美味しい。ああ、日本人でした、私。

8-036.JPG
かなり寝ました。日本が見えてきました。

8-037.JPG
羽田到着。クリスマスマーケットやってるw

しかしそのまえに一騒動。
羽田に着いた私を待っていたのは、私の名前のプレートを持ったJALのお姉さん。
ああ、やられた。

そう、またロスバゲ(前にロスでロスバゲというしゃれにもならん)でした。
2つのスーツケースのうち、1個が着いてなかったよ。
ああもう、洗濯できん!
2日後、無事届きました。はぁ。何やかんやで保険をちょっとだけ適用。
みなさん、保険には必ず入って行こうね。

8-038.JPG
羽田のサンタさん。

それではみなさま。長い長い旅ブログにおつきあい頂き、ありがとうございました。
次の旅行までごきげんよう。


後記

 12月には16時半には真っ暗になっていたドイツ。
ずーっと雨だったドイツ。

ところが今、スマホに残っていたドイツの天気予報を見たら、
日の入りはなんと、20時24分。しかも結構天気がいい。
4ヶ月前のことなのに。。。というか、もう4ヶ月経ったのね。

みやーんさんはまだドイツだけど、まゆみちゃんは一足先にもう日本。
また会えるかな?

日本の春は雨続き。。

Vo.45 ケルン その2 [クリスマスマルクト2014]

8-016.JPG
駅前広場。
ヨーロッパの駅前はちゃんと広場だ。

8-017.JPG
クリスマスマルクトのゲートなんですが、こちらではクリスマスマルクトは23日まで。
24日25日は家に居るものだからなんですね。

8-018.JPG
木に残るハートの飾り。

8-019.JPG
多分開いてない店で、ビールを飲ませてもらう交渉に成功した兄ちゃんたち。

8-020.JPG
サンタさんたちがスキーをしている様子。

8-021.JPG
店じまいの後の特設スケートリンクでは、店員さんたちが滑っているだけ。
滑りたかったなー

8-023.JPG
お家に書かれた番号は一体なんだろう?

8-024.JPG
アインシュタインドイツ人だよ

8-025.JPG
扉に書かれたドイツ地図

8-026.JPG
ケルシュをどうしても飲んで帰りたくて、閉店してたっぽかったけど、入れてくれた。

8-027.JPG
徐々に人が増えてきました。
なんせ私たちは9時ぐらいに行ったものですから。
これから観光客が沢山来ます。
アジア人もここでは結構見かけました。

Vo.44 ケルン その1 [クリスマスマルクト2014]

おはようございます。
最後の朝。

デュッセルドルフから近い大きな街にひとつ行きそびれているのです。
そこはケルン。
もっと早くに行く予定だったのですが、時間が足りなくなり、ついに最後の朝になりました。

8-001.JPG
朝ご飯のスイーツ

8-002.JPG
お外は真っ暗。

朝ご飯を食べていたら、みやーんさんから電話がかかってきました。

「用意できた?」
「うん。パッケージを終えて、今、朝ご飯食べてる」

驚愕されました。
みやーんさん、昨晩はソファで行き倒れたそうです。
お嬢さんに発見され、救出されたとか。
そりゃ運転しどおしでしたものね。ありがとうございます。

今日の予定は、みやーんさんに車で拾って荷物を積んでもらい、
私たちは電車でケルンへ。
帰りにデュッセルドルフで落ち合い空港へ。

8-003.JPG
電車待ち。

8-004.JPG
30分ほど電車に乗ったら、

8-005.JPG
ケルンです。

8-006.JPG
駅前ツリー

8-007.JPG
ケルン駅

8-008.JPG
クリスマスホテル

8-009.JPG
全景が入りきらないケルン大聖堂!
私、写ってます。わかりますか?

8-010.JPG
ステンドグラスがあるというだけで、テンション上がります。

8-011.JPG

8-012.JPG
教会とかお寺とか、心が静かになります。

8-013.JPG
天井画はちょっと漫画っぽい?

8-014.JPG
ミニチュアが良くできています。

8-015.JPG
扉のライオンさんの顔はやさしそう。

Vol.43 デュッセルドルフ旧市街その2 [クリスマスマルクト2014]

またしてご無沙汰でございました。
ラストスパートがんばります。

さてさて最後の夜は結局3軒行ったんだっけ?

2軒目は外で立ち飲み
7-067.jpg

3軒目はドイツの陽気なおじちゃんたちと!
7-066.jpg

おじちゃんたち、「日本の競馬」がお好きだそうでw
コスプレ」もお好きな模様。
日本の文化?!

7-068.jpg
お店のディスプレイもまた撮りますよん。

ぐだぐだで夜ホテルにたどり着く。
7-069.jpg
入り口の卵型ソファ

Vo.42 デュッセルドルフ旧市街 [クリスマスマルクト2014]

やってきました、デュッセルドルフ旧市街地。
7-057.jpg

わお、なんで今日までここに来てない!?

7-058.jpg
もちろん閉まっていますが、詩人ハイネの家です。

7-059.jpg
すごく賑やかです。

7-060.jpg
こんなに沢山の人が、外で飲んでいます。

7-061.jpg
とても今のドイツらしい光景だと思います。

7-062.jpg
店の中は、ガンガンのライブとかやってたりします。

7-063.jpg
なんか豚さんが可愛かったので。

入ったお店はスペインバル
7-064.jpg

美味しかった~生ハムLOVEですもん。
雰囲気も良くって、日本に欲しい。

7-065.jpg
一軒目を出ました。

外のお店。
椅子がサンタ帽をかぶっているよ。

Vo.41 ファンケンブルクの洞窟のクリスマスマルクトその2 [クリスマスマルクト2014]

歩き疲れたので、お茶でもしよう。

洞窟内のカフェ
7-050.jpg

7-051.jpg

7-052.jpg
お茶、ちゃうやん!!

7-053.jpg
サンタさん、どうもありがとう。
クリスマスマルクトは明日まで。
日本と違って、クリスマスイベントは大抵が23日までなんです。
それも最近23日までになったみたいで、ちょっと前まではもっと早かったかも。
クリスマスは家庭で。本当のクリスマスなんですものね。

7-054.jpg
外に出たらすっかり夜。
駐車場まで歩きます。坂道を上って、結構あるなあ。

7-055.jpg
ホテルかなんか?

7-056.jpg
オランダにもカジノ、なのね。

さ、続いては最後の夜です。
そう、ついにドイツに別れを告げる時がやってきたんです。
一路、デュッセルドルフへ。

Vo.40 ファルケンブルクの洞窟のクリスマスマルクト その1 [クリスマスマルクト2014]

ドイツのアーヘンから割と近いオランダの街、ファルケンブルク。

7-041.jpg

そこには珍しい洞窟のクリスマスマルクトがあります。
ローマ時代から、街の建設のためにマール石を採掘していた洞窟を、
冬の一時期、クリスマスマルクトのために改装したのだそうです。

実は昨日、来る予定だったのです。ネットの情報によると21時まで。
ぎりぎり間に合うかな~と言ってたんだけど、さすがにギリギリすぎ?
と今日に回すことに。

行ってみて、昨日の判断が正解だったことがわかりました。
どこでもそうなんですね。
イベント会場の付近は渋滞するんです。
そして駐車場はちょっと離れてそう。

そこでみやーんさんに車を任せ、先に会場に向かう3人。

7-042.jpg
おぉ、チケット買うのに並んでる。

7-043.jpg
ファンケンブルクに洞窟のクリスマスマルクトは2つあって、
どちらも行けるチケットが売っているようです。
が、なんか、チケットがもうないみたい???

まゆみちゃんが受付の人に聞いたら、「時間が無理」とのこと。
つまり、2つの会場を回るには時間が足りない、と。
なるほど~
昨日21時前に来たって、どうしようもなかったわけだ。
洞窟の中だしね。
他の外のクリスマスマルクトのように、外からちょろっと眺めるだけ、
ってわけにはいかないのでした。

みやーんさんが戻ってくるのを待たずに一足先に中へ。
7-044.jpg

おぉ、ファンタスティック
洞窟の中なので、火を使う飲食物がない代わりに、
キラキラのグッズが沢山あるのです。

7-045.jpg
今回の旅唯一の4人の写真。ぶれぶれですが(笑)

中の様子だけでも楽しんで下さい。
7-046.jpg

7-047.jpg

7-048.jpg

7-049.jpg

Vo.39 アーヘンからファルケンブルクへ [クリスマスマルクト2014]

アーヘン大聖堂のミニチュア石像

7-034.jpg

クリスマスマルクトのお店。
これは本物のスワロフスキーなんだって。マーク入ってた。
7-035.jpg

こんな素晴らしい背景のクリスマスマルクト。
7-036.jpg

由緒ありげなケーキやさん
7-037.jpg

自転車が多いお土地柄。
7-038.jpg

これはどの電車かしら?
7-039.jpg

さてさてドイツのアーヘンからまた国境を越えてやってきました、オランダのファルケンブルク!
近いねぇ~

7-040.jpg
さてお次は洞窟のクリスマスマルクトだよ~

Vo.38 アーヘン大聖堂 [クリスマスマルクト2014]

アーヘン大聖堂は、ドイツで初めての世界遺産です。

カール大帝の時代から後に増築された部分と、いくつもの様式の建築が見られるよう。
難しいことはWikiってね。

とにかく大きく2つの違う様式が見られることは確か。

一気にアーヘン大聖堂の中をご覧下さい。

7-027.jpg

7-028.jpg

7-029.jpg

7-030.jpg

7-031.jpg

7-032.jpg

7-033.jpg

Vo.37 アーヘン [クリスマスマルクト2014]

アーヘンというのは、ケルンの近くの街。
5~9世紀にかけて、フランク王国という、西ヨーロッパ全土を統一支配した国があり、
カール大帝の時代にアーヘンが首都だったことで知られる街だそうです。

余談になりますが、カール大帝はWikiってみると、なかなか面白そうなので、
興味ある方は、調べてみてください。

さてそんなこんなでフランス寄りの文化があったらしく、
可愛い街なので、ぜひ見てきて下さい」
とケルンで最近まで働いていた後輩のれいちゃんに言われ、
スケジュールに入れてもらいました。

7-018.jpg
いきなりの可愛い町並み。

7-019.jpg
SweetなSweetsの数々。
ドイツではスイーツまでなかなか手が出なかったなぁ。。なんせ大きく甘いの、超。

7-020.jpg
確かこれは、今でも使われている市庁舎。
上の写真は会議室だったと思う。

7-021.jpg
外観もこんなの。

7-022.jpg
もちろんここも、クリスマスマルクト!

7-023.jpg
ブレーメンの音楽隊?のオブジェ??
手足やら首やら動かせます。

7-024.jpg
ぜーーんぶチョコレートだよー

7-025.jpg
威厳ある建物と可愛い町並みのコラボ。

7-026.jpg
小さいおじさん・・・(失礼)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。